読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりはじめたマイレボリューション

引き寄せや潜在意識、外見、内面の自分磨きを長年にかけて行ってきました。人生を賭けて壮大な実験をしてきたともいえます。それにより、これまで自分自身に起きたこと、自分の変化の過程を綴っていきたいです。その他、感じたこと思ったことを書いていきます。

潜在意識を変えないと人生は変わらない

引き寄せのやり方の話も重要ですが、それには潜在意識の仕組みを知ることが重要になるので、ひとまず潜在意識について書いていきます






潜在意識は非常に重要です


なぜなら、人生のすべてを左右するからです


容姿、性格、能力、環境は実は関係ありません
潜在意識の状態によって人生が決まってくるのです

もし、今、つらい状況にあるのなら、それは潜在意識がそうさせているのです
潜在意識を変えれば人生変わるということなのです

逆にいうと、潜在意識を変えなければいくら頑張っても人生は変わらないんです






私たちの意識は、顕在意識と潜在意識とに大きく分けることができますが、
顕在意識→自分で意識できるもの
潜在意識→自分で意識できないもの 
です

専門的ではなく、わかりやすく簡単に言ってるのでざっくりとしててすみません


引き寄せや潜在意識について勉強されてる方には基本的なことになりますが


私たちの意識のうちの潜在意識は90%、顕在意識は10%ほど、、、また、人によっては、潜在意識97%、顕在意識3%といってる人もいます


とにかく、潜在意識の占める割合がとてつもなく大きいんです



顕在意識、潜在意識の役割をわかりやすく例えると、
「ダイエットをしたい!痩せたい!」て思うのは、顕在意識です
私たちが意識して考えたり行ったりすることです


で、いざ、ダイエットを始めると、
始めは張り切って食事制限やら運動やらしてたのに、次第に面倒になったり、つらくなったりして続けられなくなるんです
揚げ物やお菓子が食べたくなったりですねやる気がなくなるんですよね


で、、、そうなると、もうダイエットなんていいや、やめちゃおう!て


そして、、なんで自分はちゃんとダイエットできないんだろう、意志が弱くてだめな人間だ、、、

て自己嫌悪に陥っちゃう人もいますよね



でもですね、あなたは何も悪くないんです!!ダイエットが続かないのは、あなたが意志が弱いからでもだめな人間だからでもないんです


潜在意識の仕業なんです!


ダイエットをしたい、痩せたい!て顕在意識で思っても、自分が自覚していない深い意識、つまり、潜在意識ではダイエットをしたくない!痩せたくない!て思っちゃってるんです 太っている自分が自分にはふさわしいと。。。



潜在意識は無意識の私たちの言動、感情を操っています
心臓が動いたり呼吸をしたりするのは、意識して行ってはいなく、生きてれば当然のこととして無意識に行っています これは、潜在意識の力が働いているのです


ダイエット面倒、つらい、甘いもの食べたい~ていう気持ちをおこしてるのは潜在意識なのです


また、家事をしなくてはいけないのに、体が思うように動かない、億劫に感じるのも潜在意識のせいです
「それでも家事をしないといけない!面倒でもやらなければ」と思ってるのは顕在意識です


顕在意識と潜在意識を比べると、その割合ははるかに違いますから、顕在意識で思って決意しても、潜在意識の力が強すぎて勝てないんです


で、潜在意識は、現状維持を好むという特徴があります
変化を嫌うんですね


それは、私たちを守るための機能であり、誰の潜在意識も同じ機能を持っています
なぜなら、いつも変わらずに動いている心臓や呼吸が止まったら生命が絶たれるので、変化をせずに常に今の状態を保とうとするからです




なので、私たちが現状から新しく何か変わろうとすると、激しく抵抗するんです

だから、ダイエットをしたくても、潜在意識が抵抗して成功するのを邪魔しちゃうんですね
変わると危険、今のままが安全だよ、と潜在意識が守ってくれているんです
ダイエット、禁煙、貯金をする、など、続かないで途中で挫折してしまうのは潜在意識の働きによるものだったんです




また、潜在意識の特徴として、良い、悪いを判断できないというのもあります
顕在意識で、痩せた方が健康にもいいし、見た目もいいから変わりたい、て思っても、
潜在意識は痩せることが良い、と判断できないのです




でも、
ダイエットをしてもすぐに効果を出せる人もいます
家事を毎日こなせる人もいます、禁煙を成功させる人もいます


私たちは、こういうできている人と比べて、なんで自分にはできないんだろう、てより自己嫌悪に陥ってしまいます


なんで同じ潜在意識というシステムを持っているのに、人によってできる人、できない人がいるの?何が違うの?と



それは、潜在意識の中身が人によって違うからです
潜在意識の機能はみんな共通しますが、
生まれた時から今までに植え付けられた、
周りからの言葉や観念によって潜在意識の中身が決められていくのです
だから人によって中身が違うのです


ここでもう1つ、潜在意識の特徴として、
繰り返し見たり聞いたりしたものによって潜在意識が作られる、というのが挙げられます



私たちは、生まれた時からこれまで、親、友達、先生、テレビなどなど、
これまでたくさんの言葉を刷り込まれてきました



たとえば、親から「あなたはなんでそんなに勉強ができないの?」「何やってもだめね」
て言われ続けてきた人は、
潜在意識にその言葉が刷り込まれてしまい、
「何やってもできない自分」
というのがインプットされて、そのような人生を展開していくことになるのです
だから、何か物事を始めようとした時にも、
「私は何やってもだめだ」て潜在意識に入っているので、何をやってもだめ、という自分であり続けようと自分の無意識の言動になって日常生活に出てくるのです
だから、いくら「がんばるぞ、今度こそは成功するぞ」て顕在意識で決意しても
潜在意識で、何をやってもだめ、と思っていれば、どうやっても続かないのです




いわゆる、洗脳です。。。知らぬ知らぬのうちに、私たちは、周囲からいらぬ洗脳を受けているのです




この洗脳、潜在意識によって、「自分はこういう人間だ」
て勝手に思ってしまっているのです


これまでの人生での思い込みが「セルフイメージ」を作っているんです



親から、「あなたはできる子ね」「あなたはすばらしい」
て言われてきた人は、「私は何でもできる、私はすばらしい」
ていうのが潜在意識にインプットされているので、「私は何でもできるすばらしい人間」というセルフイメージができるのです


ここで1つ、例をあげると、
五体不満足」で有名な、乙武洋匡さん、最近では女性関係で有名ですが、、、
乙武さんて、生まれながらにして手や足がないというハンディを負っています


でも、ものすごいバイタリティーですよね
昔、何かで見たのですが、乙武さんが生まれた時、乙武さんの親は、悲観せずに肯定的な言葉を乙武さんに言っていたそうですね
「あなたはすばらしい存在」だと



で、乙武さんは幼少期や学生時代も人気者だったそうです
五体不満足でみんなと違う、というのはいじめの対象にもなりかねないのに、乙武さんは全く違ったそうです ムードメーカーで人気者
ハンディを持っているのに、かけっこや階段の上り下りをすごく器用にやっていたそうです


今は第一線で活躍していますし、女性問題もあったように、モテモテなんですよね


手や足があって五体満足で生まれた人の中で、仕事もできない、異性にもモテないていう人がいっぱいいるのに、、、
ハンディキャップがある乙武さんは、仕事で成功、有名にもなって自分で大金を稼いでいます
また、結婚して子供もいて、それに加えて不倫で彼女までいる!
男からしたらめちゃくちゃ羨ましくないですか?



つまり、関係ないんですよね
自分のもともと持っている外見とか能力は。。。
乙武さんの親が、「あなたは手や足がないから、他の人ができることもできないよね かわいそう」
なんて悲観していたら、乙武さんの人生は変わっていたはずです


また、こんな話もあります

ノミを容器に入れます
この容器は、ノミがジャンプすればたやすく飛びこえて脱出できる高さです
その容器にフタをします 
すると、ノミは頑張って脱出しようとジャンプします
しかし、フタがされてるので外へ出ることはできません
ノミは何度も何度もジャンプしますが、やはり、フタのせいで脱出できません
その状態に慣れさせた後、しばらくしてフタを外します
状況的にはノミは脱出することができます フタがないですから
しかし、ノミはジャンプをしてもその容器を飛び越えることができないそうです
また、容器からノミを出しても、容器の高さ以上ジャンプすることができなくなってるんです


ノミは自分で限界を作ってしまっているんですね
思い込みによって。。
自分にはこれ以上できない、と


これが潜在意識による刷り込みです


私たち人間も、日々、こうした自分の思い込みによって限界を作ってしまっているんです


なんだか長くなってしまいましたね。。。
潜在意識はかなり重要なので、書きたいことがたくさんです。。

とりあえず今回はここで終わりにしてまた次回書いていきます